第三回 燗℃良好(29℃) 新装、御影公会堂

平成29年6月11日  第三回 『燗℃良好』。
4月に改修工事を終え、リニューアルした神戸市立御影公会堂で気持ちを新たに開催されました。

テーマは「新装、御影公会堂」とし、10蔵10店舗に加え、泉酒造、剣菱酒造、神戸酒心館、白鶴酒造、安福又四郎商店(大黒正宗)の御影郷、さらに御影公会堂食堂のビーフシチューが振舞われました。

ポスターやパンフレットの表紙には御影出身の偉人、柔道家の嘉納治五郎氏を起用し、
まさに御影一色の会となりました。

献立の紹介


 和料理みのり
×
十旭日

「アスパラガスのふわとろカニ玉仕立て」

皆さん知っていましたか?
北海道のオホーツク海側では、ズワイガニの旬は春から初夏なんです。そのカニをバター風味のカニ玉仕立てにし、旬のアスパラガスと合わせています。(店主・小畑直樹)

① 生酛純米 十旭日 加水火入れ 26BY

十旭日の新定番となりつつある1本。40℃ぐらいで飲んでもええねん。ぐぁーんと上げて60℃ぐらいで飲んでも、シュッと飲んでもええねん。出汁の効いたものから肉もんまでシュッと合わせて、ぐあん、ぐあんとお召し上がりくださいませ。(酒倶楽部いちの)
[原料米:島根県改良雄町70%精米 アルコール度:14%以上15%未満 日本酒度:+11 酸度:1.9]


 BISTRO & BAR Terra Sana
×
いづみ橋

「鴨とフォアグラのパテ」

テラサナの定番料理、鴨とフォアグラのパテを「燗℃良好」特別バージョンで4種類のソースを使ってピンチョスにしました。(店主・鈴木隆弘)

① いづみ橋 桃色黒とんぼ 生酛純米 神力

「酒造りは米作りから」を信念に、栽培醸造蔵として地元での酒米作りに力を注いできた泉橋酒造と地元農家が一体となり醸すのが、「桃色黒とんぼ」です。
生酛の複雑な香りからコクのある旨味を楽しめます。
俗名「ももクロ」。神力の穂のモミから出る棘がうっすらと桃色をしているところから名付けられました。(酒のてらむら)
[原料米:神奈川県座間市産神力70%精米 アルコール度:16% 日本酒度:+7 酸度:1.6 アミノ酸度:1.6]

② いづみ橋 山廃モト仕込 無濾過純米 神力 24BY

お米の旨味をより引き出せるよう、山廃モトで醸しています。
山田錦とは違った神力による独特の酸と山廃による酸、これが熟成感と相まって常温であればよりコクが、温めればキレイな旨みになっていきます。(酒のてらむら)
[原料米:神奈川県座間市産神力70%精米 アルコール度:16% 日本酒度:+11 酸度:2.2 アミノ酸度:2.2]


 和と酒 亀遊
×
酒屋八兵衛

「ふわふわ鶏つくねと大根煮」

鶏むね肉のつくね、大根、厚揚げを昆布と鰹をふんだんに使った亀遊特製のだしで炊き上げた逸品です。(店主 亀井貴司)

① 酒屋八兵衛 山廃純米 備前雄町 黄ラベル

「雄町」らしい柔らかな味わいと山廃ならではの豊かな圧倒的、『風味』!!
そう、そこには旨みという暴力しか存在しない圧倒的、『甘露』!!
ツンデレなのか?
その後に拡がりがやまない圧倒的『滋味』!!
そんな口の中がざわざわ…となる味わいです。(松岡商店)
[原料米:備前雄町60%精米 酵母:自社酵母 アルコール度:15% 日本酒度:+4 酸度:1.6 アミノ酸度:1.7]

② 酒屋八兵衛 純米酒 27BY

つるりとした舌触り、穏やかな旨み。
おお…お、飲めば飲むほど心地よくなっていく味わい…。
そう、見えてくるのは美しい泉。
ほとりには小鹿が泉の水を美味しそうに飲んでいる。
ああ、もう限界だ…。
気づけば小鹿の隣で乾ききった喉を潤している自分がいる。
「生命の水」…、そう確かに私は感じたのだ。(松岡商店)
[原料米:五百万石60%精米 山田錦60%精米 酵母:自社酵母 アルコール度:15% 日本酒度:+6 酸度:1.4 アミノ酸度:1.3]

 


 きらず・豆富料理 よしみ亭
×
杉錦

「イカ墨卯の花」

卯の花をイカの塩辛とイカ墨で炊き上げ、特性イカ墨ソースで仕上げました。

「自家製燻製梅干し」

梅干しをサクラチップで燻製にしました。

「あたりめ酒粕チーズ和え」

あたりめを酒粕とブルーチーズ風味の熟成チーズで和えました。

「炙りあたりめ」

青森県むつ湾の定置網漁で獲れた新鮮なマイカを昔ながらの手作業でスルメに。ゆっくり噛んでもよし、燗酒に浮かべて「イカ酒」もよし。

(店主・田代よしみ)

 

① 杉錦 生酛純米 八十八(やそはち)

あくまでも攻撃的に、己の信念を貫く。
誰がどう言おうが、杉井均乃介氏が醸すお酒に迷いはありません。醸したお酒と醸す本人とのギャップも愛される理由の一つです。
(酒倶楽部いちの)
[原料米:静岡産誉富士70%精米 静岡産ひとめぼれ90%精米 アルコール度:13.5% 日本酒度:+16 酸度:2.1 アミノ酸度:1.7]

 


 たん焼BAN
×
竹泉

「ゆでたん」

当店の名物料理!お箸で切れる柔らかさと、沖縄の焼き塩/胡椒/わさびだけでシンプルに仕上がっています。牛たん本来のお味をお楽しみください。

「たんの生姜煮」

日本人なら誰でも、地酒好きなら誰もが安心のおふくろの味です!
(店主・坂 央樹)

① 竹泉 熟成愛酒 淋(りん)

娘さんをくださいと言うのはもう古くて、娘さんと結婚したいですと言うのが現代的。
淋しさは淋しさを求めて結婚するんだろう。
淋しがり屋の酒「りん」。(酒倶楽部いちの)
[原料米:無農薬米五百万石精米60%と山田錦精米70%23BYブレンド 酵母:7号 アルコール度:15% 日本酒度:+8 酸度:1.3]

 


 トリットリア バンブー
×
大治郎

「甘酒と甜菜糖のかき氷」

トリットリアバンブーの夏季限定のかき氷です。
甘酒と甜菜糖の自家製シロップを使ったフワフワかき氷。
甘酒と合わせる材料は当日のお楽しみ。
(店主・竹中康晴)

① 大治郎 山廃純米 火入れ 2015年

目を合わせてあまり喋ってくれない程に、
あなたは照れ屋だけど、
私はそんなあなたの事が愛おしいと思って結ばれたわけなんです。
時折、見せてくれる男らしい酒造りをしている姿に二度惚れるのです。(酒倶楽部いちの)
[原料米:吟吹雪60%精米 酵母:協会7号 アルコール度:17.5% 日本酒度:+2 酸度:2.5 酒米生産者:呑百笑の会]

 


 チャイニーズキッチン 博
×
山陰東郷

「豚バラ肉の味噌ダレかけ山陰東郷の酒粕入り」
「あっさりザーサイ」
「鶏ガラスープ」

しっかりした山陰東郷のお酒と一緒に楽しんで頂けるようにと考えました!(店主・車田智昭)

① 山陰東郷 生酛純米 強力 27BY

日本酒度+14、酸度2.2、しっかりとしたキレのある味わい。例えるなら妖刀村正。この刀は生きている。
持ち手を選び、ハンパな気持ちで扱おうとすると容赦なく斬り刻んできやがる。
ん、恐いか?だが、安心してくれ。
俺たちにかかれば妖刀も名刀になるってもんさ。さあ、容赦なくこのキレッキレな強力を味わってくれ!(松岡商店)
[原料米:強力65%精米 酵母:協会6号 アルコール度:15% 日本酒度:+14 酸度:2.2]

② 山陰東郷 生酛純米 山田錦27BY

強力と相まって、キレのある味わい。例えるなら『虎徹」。新撰組局長、近藤勇の「今宵の虎徹は血に飢えている」のセリフにちなんで、「今宵の東郷は燗酒に飢えている」といったところでしょうか。
え?意味不明だって?
と、とにかくキレてると言いたいだけなんですッ!
え?キレてるのはお前だって?ウマいことおっしゃりますねぇ。山田く〜ん、座布団全部持ってって!(松岡商店)
[原料米:山田錦65%精米 酵母:協会7号 アルコール度:15% 日本酒度:+9 酸度:2.1]


 台所なみ
×
るみ子の酒

「湯葉粥べっこうあんかけとアテ二種」

兵庫の「ゆば正」さんの国産大豆にこだわった、濃厚な組み上げ湯葉を使用した〆にもアテにもなるお粥。
なみ特製のちりめん山椒と食感も楽しめる大徳寺麩を添えて。(店主・打浪賢次)

① るみ子のお燗

蔵で一眠りさせて丸みを帯させた芯のある味わい。だが、温めないとその味わいの真価は発揮されない。そうそれは眠り姫!
美しい姫への嫉妬に狂う魔女。姫は魔女から永遠ともいえる眠りの呪いにかけられてしまう。眠りについた姫もまた美しい…。
だが、姫の本当の美しさは絶え間ない笑顔なことを人々は忘れていません。さあ、お燗という名のキスで呪いを解き放とうではないか!(松岡商店)
[原料米:阿波産山田錦60%精米、信州産ひとごごち60%精米 酵母:協会7号 アルコール度:15% 日本酒度:+7 酸度:1.8 アミノ酸度:1.3]

① るみ子の酒 特別純米 6号酵母 25BY

6号酵母らしい控えめな香りとなめらかで落ち着いた味わいです。だが、そう単純な味わいではありません。だって、蔵で3年熟成させた特別バージョンだもの。みつを(松岡商店)
[原料米:阿波産山田錦60%精米、五百万石60%精米 酵母:協会6号 アルコール度:15.8% 日本酒度:+6 酸度:1.6]

 


 神戸和酒倶楽部ちょこ
×
杜の蔵

「味噌とクリームチーズを使った酒肴四種」

ミックスナッツの赤田楽味噌、奈良漬クリームチーズ、玉味噌クリームチーズのきな粉掛け、特製葱味噌。(店主・森本 和也)

① 独楽蔵 特別純米 無農薬山田錦 六十

優しい香りと米由来の旨み、滑らかな長い余韻が特徴的。おとなしくて化粧もしたことのないような素朴な子。いつも傍らに居てくれて、いつも穏やかな笑顔をくれる。優しさの中の穏やかさ…、そんな大和撫子を思わせる味わいです。(松岡商店)
[原料米:福岡糸島産山田錦60%精米 酵母:9号系 アルコール度:15% 日本酒度:+3 酸度:1.6]

② 独楽蔵 特別純米 悠(はるか)五年

5年熟成。独特の熟成香と豊かな旨みがありながら気軽に楽しめる古酒です。結婚生活もかれこれ30年…。子供たちも結婚し、久し振りの妻との二人暮らしの始まり。妻とは見合い結婚。30年経って、また二人きりになって、ようやく本当の妻を見つめることが出来そうだ。若い時代とはまた違う、穏やかに色んな複雑な想いがある愛情…。そんな味わいです。(松岡商店)
[料米:福岡三潴産大地の輝き60%精米 酵母:9号系 アルコール度:14% 日本酒度:+5 酸度:1.4 アミノ酸度:1.3]


 日本料理 輪
×
辨天娘


「鰻ざく」

私がどんなに好きだったか、わかってるの。どうして食べさせてくれないの。三杯酢をかけたから?夏野菜をそえてるから?昔はあんなに食べれたじゃない。私はそんなに悪いことしてる?添え野菜で誤魔化さないで。鰻ざくのことちゃんと見てよ。いやらしく食べ散らかす。まるで野良犬の様に食い散らかす。私は長いものを見たとたん興奮してしまうクセを隠すことが出来ずにいた。周りの者には一切目もくれず、いきり立った鰻が私を虜にする。鰻の扱いに秀でた私はそれには手をつけず、周りの鈍くテカリを放つ刻み茗荷から手をつける。本丸にはすぐには手を出さない。焦らす事は快楽を助長する。いやらしく食べ散らかす。まるで野良犬の様に食い散らかす。ついに本丸に手を出すが全ては口に含まない。三杯酢に絡めながらなめるように口に含む。(店主・山下慎士)

① 辨天娘 燗℃良好オリジナル 生酛純米 強力にごり 28BY

大輔の悩みは、最近舌打ちのクオリティーがどんどん高くなっている息子と、常に年金の支給金額の話をする嫁のことである。唯一の憂さ晴らしは、場末スナック『日本料理輪』で燗酒を飲みながら、最近覚えた君が代を口ずさむことだった。この店の売りは、名札に枝豆と書いてある小汚い女店員がつけてくれる『辨天娘』の燗酒だ。死んだ浅利のような半開きの口で、元アメフト上がりの肉体美を、ユニクロブランドで固めてあり、限りなく玄人に近い素人女を次第に大輔は意識するようになった。大輔のデビルウィングはもう羽ばたく寸前まできていた。つづく。
辨天娘、神戸初参加です。(店主・山下慎士)
[原料米:若桜町産 強力75%精米 アルコール度:15度以上16度未満 日本酒度:+5]